特集・コラム

ディーゼルカーで行く!山陰本線木造駅舎モデリング探訪 Vol.1

2020.12.31

訪問日:2018.12.16
text & photo:高橋 隆(RMM)

 日本海を望む風光明媚な長大路線として知られるJR西日本・山陰本線。100年以上の長い歴史を持つ同路線には、現在も開業当初からの面影を残す立派な木造駅舎が点在しているのが特徴であり、旅情を掻き立てる大きな魅力ともなっています。
 今回はそんな山陰本線の要所に佇む“生え抜き”のレトロ駅舎群を目当てに、公共交通機関または徒歩で1日かけて各駅を見て回る、2018年12月実施の現地訪問プランを振り返ってみましょう。

※時刻表データは訪問当時のものです。

■旅の始まり寝台列車から

▲東京から出雲市までは寝台特急「サンライズ出雲」で11時間58分の旅。

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加