特集・コラム

25年前に姿を消した 思い出の飯田線豊川駅旧駅舎

2020.12.31

text & photo:水野宏史

 愛知県の豊橋と長野県の辰野を結ぶ全長195.7kmのJR飯田線。その中でも豊橋~豊川間は、1987(明治30)年に当時の豊川鉄道によって開業された、飯田線では最初に開通した区間です。東海道本線との乗り継ぎ駅である豊橋から日本三大稲荷のひとつと呼ばれる豊川稲荷への参詣客を輸送することで賑わいました。

▲豊川鉄道から引き継がれた国鉄時代の豊川駅舎。鉄筋コンクリート3階建ての堂々たる駅舎だが、3階が閉鎖され少々寂しい雰囲気も感じられた。

’83.9.5

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加