特集・コラム

屋根上から足回りまでじっくり!唯一現存の443系、京都鉄博で初公開!

2020.12.22

取材日:’20.12.19
text & photo:廣瀬 匠(RM)
取材協力:京都鉄道博物館

 2020年12月19日から12月22日まで、京都鉄道博物館でJR西日本の電気検測試験車443系が展示された。443系は現在この1編成のみが運用されており、貴重な事業用車を細部まで見ることが出来る貴重な機会となった。

▲クモヤ442(手前側)とクモヤ443(奥側)の2両で構成されている443系。

■443系とは…
 国鉄時代に製造された「電気検測試験車」であり、その名の通り架線・信号関連の検査を行う交直両用電車として1975年に2両編成2本が誕生。1987年の国鉄民営化後は1本がJR東日本、もう1本がJR西日本に継承された。JR東日本に継承された編成は2015年に廃車されており、現在は前述の通りJR西日本にのみ在籍している。

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加