特集・コラム

「技術の京阪」が生み出した名車を体感! 京阪5000系50周年記念イベント

2020.12.22

取材日:‘20.12.20
text & photo(特記以外):廣瀬 匠(RM)
取材協力:京阪電気鉄道

 2020年12月21日、京阪電鉄中之島線中之島駅構内にて「京阪5000系誕生50周年記念イベント」が催された。イベントでは5000系の大きな特徴となっている3扉から5扉へ変換する際の座席の昇降実演など、同系を体感できるプログラムが盛り込まれていた。

▲中之島駅3番線に停車中の京阪5000系第5編成。「50周年記念ヘッドマーク」が掲げられている。

■京阪5000系とは…
 ひっ迫するラッシュ時の混雑の中で、乗降時間短縮を目的として1970年に登場した車両。7両編成7本が登場したが、現在は4編成が運用に入っている。
 この車両の大きな特徴として、5扉のうち2扉を「ラッシュ用ドア」とし、朝ラッシュ時に全扉を使用、昼間

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加