ニュース

JR東日本、5月28日以降、ダイヤ通りの運転を決定

2020.05.25
 JR東日本は5月28日以降の新幹線および中央線・常磐線特急については、緊急事態宣言の一部解除等による最近の利用状況に鑑み、現在のダイヤのまま運転することを発表した。
◎運転計画概要
■開始日
 2020年5月28日以降
■東北・上越・北陸・秋田・山形新幹線、中央線・常磐線特急
●春発表の現ダイヤ通り運転予定。
●なお、北海道新幹線については、一部の列車が新青森~新函館北斗間で運転を取りやめ。
※5月13日に発表した定期列車を削減する運転計画は取りやめ。
※「グランクラス」については、当面の間サービス中止を継続。
◎指定席発売について
■発売日
●当面の間、指定席発売は2週間ごとに以下の日程で開始。
●発売開始日・時刻
〇2020年5月28日(木)~6月10日(水)運転列車:5月23日(土)5:30~
〇2020年6月11日(木)~6月24日(水)運転の列車:6月4日(木)5:30~
〇2020年6月25日(木)~7月8日(水)運転の列車:6月18日(木)5:30~
※各回とも発売時刻が前倒しとなる場合あり。
※2020年7月9日(木)以降運転の列車の発売日については、決まり次第告知予定。
◎発売席数の制限について
新幹線や在来線特急の5月28日(木)~7月8日(水)に運転する列車のうち、全車指定席の東北新幹線「はやぶさ」「はやて」、秋田新幹線「こまち」および北陸新幹線「かがやき」については、車内混雑を緩和するため、普通車指定席は定員の6割程度、グリーン車は定員の5割程度を上限として発売する予定。
◎その他
・「踊り子」ならびに「成田エクスプレス」については一部の運休を継続。
・6月1日~30日の臨時列車(新幹線481本、在来線特急・快速202本、のってたのしい列車518本)についても運休を継続。

詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加