ニュース

東海道・山陽新幹線、6月1日以降全定期列車の運転を決定

2020.05.25
 JR東海・西日本は6月1日以降の東海道・山陽新幹線全定期列車の運転再開を決定した。
◎東海道新幹線
■6月1日(月)以降の運転計画
●当面の間、全ての定期列車を運転し、1時間あたり、「のぞみ」号4本~6本、 「ひかり」号2本、「こだま」号2本~3本を運転予定。
※現在は、1時間あたり「のぞみ」号3本程度、「ひかり」号2本、「こだま」号 2本~3本の運転中。
●山陽新幹線に直通する「のぞみ」号も定期列車を全区間で運転。
●1日あたりの運転本数は、平日314本、土曜日303本、休日296本となる。
※昨年度の運転実績は、1日あたり378本。
■1日あたりの運転本数
20200525212722-806ea782c6f8748787524254bae090a185d2bba8.png
※()内は現在の運転本数
※なお、今後の社会情勢や利用状況等を踏まえながら、臨時列車の運転を検討。運転を行う場合は、別途告知予定。

詳しくはこちら
◎山陽新幹線
■6月1日(月)以降、当面の間の運転計画
東海道新幹線と直通する「のぞみ」は全ての定期列車を運転し、九州新幹線と直通する 「みずほ」「さくら」は1時間あたり1本程度の運転を継続。 なお、山陽新幹線内で運転する「ひかり」「こだま」は、引き続き全ての定期列車を運転予定。
■1日あたりの運転本数(平日)
20200525212429-d5cb1c01cffdb39f70b660f1af65c543c9fa8e33.png
※「みずほ」「さくら」の一部列車は、博多駅を始終着とする「ひかり」として運転予定。
※ 6月1日以降の土曜・休日の運転本数は 238 本/日(運転率 93%)となります。
※博多南線は引き続き全ての定期列車を運転予定。
※利用状況等により、運転計画を変更する場合は別途告知予定。
■その他
・6月1日以降運転を再開する「のぞみ」号の指定席は、5月22日(金)14時から発売。

詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加