ニュース

東京メトロ 銀座線1000系特別仕様車輌 導入

2016.11.17
 東京メトロでは、銀座線1000系の2編成について、内・外装のデザインを銀座線開通当時の旧1000形をモチーフとした特別仕様の車輌として導入し、2017年1月中旬から運行を開始する。
 銀座線1000系は、2012年1月から01系に替わる新型車輌として運行を開始し、今年度中に銀座線の全ての車輌(全40編成)を1000系に更新する予定だが、このたび導入する最後の2編成(39、40編成)は、通常運行で使用するとともに、地下鉄開通90周年イベントなどで活用することを目的とし、これまでの1000系以上に旧1000形のイメージに近づけたデザインに一新している。
        ▼外装(イメージ) 画像提供:東京メトロ
20161118123850-43348a05d20f5e06f28b6a17916f83ba9f11518a.jpg◆通常使用車輌からの変更点
・外装デザイン
 前灯を1灯式に変更、窓周りのウィンド・シル/ヘッダーを模擬したデザインに変更、車輌前面をはじめとした外装の塗装変更などを行う。
・内装デザイン
 室内全体を開通当初の旧1000形車輌をイメージされる色合いで再現。また、手すりや握り棒を真鍮色として、吊手をリコ式風の形状とする。機能面では、イベント列車などで運行する際、銀座線開業時から活躍した旧1000形や1993年まで運行されていた旧2000形車輌を彷彿とさせる「ポイント通過時などの室内灯消灯、同時に側面予備灯の点灯」を再現する機能や室内灯を電球色に切替える調色機能など、特別な仕様とする。
     ▼内装(イメージ) 画像提供:東京メトロ
20161118123912-09500b75154761e0868f115684d743e48e80bb72.jpg◆特別仕様対象車輌・運行開始予定
 1139編成:2017年1月中旬予定
 1140編成:2017年3月中旬予定

詳しくはこちらを参照(pdf形式)


東京メトロ ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加