ニュース

田町~品川駅間に新駅を設置

2014.06.03

 JR東日本では、田町~品川駅間に新駅を設置し、まちづくりを進めることを発表した。

 品川駅・田町駅周辺エリアは、首都圏と世界、国内の各都市をつなぐ広域交通結節点としての役割が強まっており、目指すべき将来像等について、国・東京都・関係区等と検討を進めている。

 その中心付近に位置する品川車両基地では、基地設備や車輌留置箇所の見直しを進めており、創出される約13haの大規模用地について、まちづくりの検討を進めていく。まちづくりの核として、田町~品川駅間に新駅を設置することとし、地域と連携しながら、従来の発想に捉われない国際的に魅力のある交流拠点の創出を図っていくこととした。



【新駅の概要】



○設置位置

 東京都港区港南
 田町駅から約1.3km、品川駅から約0.9㎞付近

 ホーム形態:線路別島式2面4線(山手線、京浜東北線)

 特徴:新駅とまちが一体となった象徴的なにぎわい空間

 開業時期:2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会にあわせた暫定開業を 予定。



※今後、鉄道改良計画(東海道線(上り)・山手線・京浜東北線の東側移設)、まちづくり計画について検討・調整を進め、必要な行政手続等を踏まえて決定する。



(参考)まちづくりコンセプト

・世界中から企業と人材が集い、多様な交流から新しい価値が生まれる国際的な交流拠点を形成する。

・新駅前には、人・駅・街・地域をつなぐ、にぎわいと魅力ある人中心の広場空間(2階レベル)を創出する。

・歴史や文化が感じられ、歩いて楽しい、歩きたくなるような自然豊かなまちづくりを目指す。


詳しくはこちらを参照(pdf形式)


JR東日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加