ニュース

三陸鉄道とネスレ日本が共同開発「キットカット 切符カット」発売

2014.06.03

 三陸鉄道株式会社とネスレ日本株式会社は、三陸鉄道開業30周年を記念して三陸鉄道全区間で切符としても使用できる「ネスレ キットカット ミニ 切符セット」を6月16日(月)より発売する。

 ネスレ日本は、80年近くに及ぶ「キットカット」史上、世界初となる切符として使える「切符カット」を三陸鉄道と共同開発した。

 「切符カット」は、全線運行再開を記念して最後の復旧区間であった北リアス線島越―田野畑間の乗車運賃に相当する190円分の無料乗車券として、三陸鉄道全線で使用できる。



○製品名

 「ネスレ キットカット ミニ 切符カット」



○希望小売価格

 108円(税込)



○発売日

 2014年6月16日(月)



○使用期間

 2014年6月16日(月)~2015年5月31日(日)



○利用期間

 三陸鉄道全線・全駅間の190円分乗車券として利用可。



○発売地域

 全国の鉄道系コンビニエンスストア、東北地域のスーパー・コンビニエンスストア、東京タワー3F(「キット、ずっとミュージアムカフェ」物販コーナー内)



【キット、ずっとミュージアムカフェ」開催】



 鉄道写真家の中井精也氏が16歳の頃から撮り続けてきた三陸鉄道の開業30周年記念公式写真集「夢と希望の三陸鉄道」(徳間書店)が、2014年5月20日に発売された。中井氏が「キット、ずっとプロジェクト」から生まれたラッピング列車“キット、ずっと号”を沿線地域に幸せを運ぶ列車として本写真集の表紙に使用したことから、中井氏と「キットカット」、三陸鉄道のコラボレーション企画が生まれた。

 日本・世界から多くの観光客が訪れ、岩手県大船渡市と協力関係にある東京タワーにて、写真集と「切符カット」の発売を記念した期間限定ミュージアムカフェを開催する。三陸鉄道の30年と復活の軌跡を振り返る中井氏撮影の写真とともに、現在建設中の三陸鉄道北リアス線島越駅駅舎が一足早く再現された特製ジオラマや三陸の銘品などを展示・販売することで三陸鉄道の魅力に触れていただく。

 カフェスペースでは、マザー牧場カフェの全面協力により話題の「焼きキットカット」が提供される。サクラで彩ったテーブルでは、くつろぎながら特製ステッカーに三陸鉄道とその沿線への応援メッセージを書いて送ることが出来る。



○会期

 2014年6月4日(水)~6月22日(日)11:00~19:00



○場所

 東京タワー 3F タワーギャラリー+マザー牧場カフェスペース



○週末イベント

(1)6月8日(日)中井精也氏×三陸鉄道金野運行本部長のトークショー

(2)6月15日(日)南田裕介氏トークショー

(3)6月21日(土)中井精也氏トークショー



○物販

 写真集「夢と希望の三陸鉄道」、三陸鉄道グッズ、「切符カット」の先行販売



○主催

 三陸鉄道、ネスレ日本



○後援

 毎日新聞社、トミーテック、徳間書店、沿線8市町村(久慈市、野田村、普代村、田野畑村、岩泉町、宮古市、釜石市、大船渡市)



○協力

 東京タワー、マザー牧場


詳しくはこちらを参照


三陸鉄道 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加