ニュース

鉄道博物館開館三周年記念特別企画展

2010.07.14

 鉄道博物館が今年の10月で開館三周年を迎えることを記念して、10月9日(土)より特別企画展「御料車~知られざる美術品」が開催される。

 この企画展では、御料車に装飾された貴重な装飾美術品など約90点が展示されるほか、御料車の歴史や変遷などが紹介される。



■会期:2010(平成22)年10月9日(土)~2011(平成23)年1月16日(日)

■会場:鉄道博物館2F スペシャルギャラリー

■入場料:無料(入館料のみ)

■主催:鉄道博物館(公益財団法人東日本鉄道文化財団)

■特別協賛:毎日新聞社

■協賛:ビックカメラ

     岩岡印刷工業 鹿島建設 川崎重工 JT ジェイティービー

     資生堂 タイトー 鉄建建設 東急車輛製造 凸版印刷

     日立製作所 三越



■特別協力:JR東日本

■展示協力:川島織物セルコン

■協力:宮内庁

■主な展示内容

◎第1章 御料車の歴史

 御料車の歴史、御料車の変遷や運行記録をテーマとして、鉄道開業式を描いた錦絵や御料車を牽引する機関車の装飾品などを展示。



 ○展示資料

  錦絵 ・ 御召列車用機関車装備品

  仕業札(「御召」「御乗用」)など



◎第2章 御料車の御座所

 明治、大正、昭和、それぞれの時代で特徴がある御料車の御座所の内装を、1/6の模型や原寸大での再現、写真パネルなどを用いて、複数の御座所を比較展示。



 ○展示資料

  初代1号御料車の御座所の妻(扉含む)部分再現

  7号御料車の御座所(一部分)の原寸再現

  初代2号御料車、現1号御料車の御座所模型など



◎第3章 知られざる美術品

 解体や修繕で取り外された内装飾の一部(扉や妻飾り、吹寄せ、妻仕切壁面、天井灯など)を展示するとともに、鉄道博物館やJR東日本が保存している、御料車内にある椅子や大卓子(だいたくし)、絵画等を展示。また、御料車室内にふんだんに使用されている織物や刺繍の原図を展示。



 ○展示資料

  11号御料車 御食堂室櫛形木彫「牡丹に雀」 作:高村光雲

  11号御料車 御食堂室壁面の刺繍画「桜と鳩」 作者不明

  12号御料車御座所 油絵「野菊と薔薇」 作:岡田三郎助 など



◎第4章 エピローグ

 関連展示として、御料車以外でも行幸啓で使用された貴賓車輌、貴賓室などを資料や写真を用いて紹介。また、初代2号御料車の外観を再現し、写真撮影のコーナーを設ける。



 ○展示資料

  東京駅、日光駅貴賓室の写真展示

  初代2号御料車の外観を一部再現し、記念写真撮影ができるコーナーの設置など


詳しくはこちら(JR東日本 ウェブサイト内)


JR東日本 ウェブサイト


鉄道博物館 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加