ニュース

天理大学附属天理参考館で南海電車展 開催中

2010.01.06

 天理大学附属天理参考館では、2010(平成22)年3月8日(月)までの期間、新春展「南海電車展 ―鉄道コレクターの軌跡―」を開催している。

 同展は、2009年に収蔵した故平芳資也(ひらよしもとや)氏の南海コレクションの中から、切符や鉄道部品、自身で撮影した写真、観光案内や宣伝チラシなど各種紙資料を展示したもので、20001系〈こうや号〉のヘッドマークをはじめ、戦前観光リーフレット、阪堺鉄道や高野鉄道の優待乗車券など、数々の貴重な資料が展示されている。



■会期:2010(平成22)年3月8日(月)まで

■会場:天理参考館 3階企画展示室

■列品解説

 ○日時:2010(平成22)年1月26日(火)・2月26日(金) いずれも13:30から

 ○会場:天理参考館 3階企画展示室 



■開催記念券の配布

 先着1,000名限定でオリジナル記念券を進呈



■開館時間:9:30~16:30(入館は16:00まで)

■休館日

 ・毎週火曜日(休日の場合は休日後の最も近い平日)

  毎月25日~27日、4月17日~19日、7月26日~8月4日は開館。

 ・創立記念日(4月28日)

 ・夏期(8月13日~17日)

 ・年末年始(12月27日~1月4日)



■入館料

 ・大人       400円

 ・団体(20名以上) 300円

 ・小・中学生    200円

 ※小・中学校の学校教育での団体見学は無料



■アクセス

 JR桜井線天理駅・近鉄天理線天理駅下車 徒歩約30分

 西名阪自動車道 天理インターより南へ約3km、駐車場無料


天理大学附属天理参考館 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加