特集・コラム

W7系、金沢港での陸揚げシーンを報道公開!

2021.10.05

text & photo:RM
取材日:’21.10.3 取材場所:金沢港
取材協力:西日本旅客鉄道

 JR西日本では、2019年10月の台風19号により被災した北陸新幹線車両の代替としてW7系を2編成新製投入することになっていたが、今回1編成が山口県の日立製作所笠戸事業所にて完成し、白山総合車両所最寄りの金沢港まで船舶輸送された。その陸揚げ作業が報道公開されたのでここでレポートしよう。

▲夕闇迫る中、既に陸揚げされた2両の中間車の頭上を移動するW714形。

 輸送船舶にはW7系が2両ずつ積載されており、今回3隻で6両(1編成の半分)が到着。このうち報道公開されたのは、12号車となるグランクラスW714形の陸揚げシーンだ。2本のクレーンによって船から持ち上げられ、隣接する波止場に停車しているトレーラーに下すという作業手順であった。

▲輸送船の船倉から2基のクレーンで持ち上げられるW714形の車体。

 今回導入のW7系は、在来車両と比べると以下の点で仕様変更されている。

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加