特集・コラム

10月の鉄道のデキゴト「伝説の白紙ダイヤ改正、よん・さん・とお(1968年)」

2021.10.04

text:RM

在来線特急網が大幅充実…!

 「○月の鉄道のデキゴト」は、当月にあった過去の鉄道の「デキゴト」(路線の開通や車両の新製・廃車、そのほかの事件など)を振り返るコーナーです! ティーブレイクにでも気軽にお楽しみください。

▲直流および60Hz交流対応だった581系につづき、この時に登場した583系は50Hz交流にも対応可能となり、初めて東日本地区に投入された。
下十条電車区 P:新井晃司(お立ち台通信より)

 本日は、53年前となる1968年10月1日のデキゴト。国鉄時代のダイヤ改正の中でも最も大規模なもののひとつと言われた、「よん・さん・とお白紙ダイヤ改正」がこの日に行われました。

▲「はつかり」の583系。先頭車は後年に登場のクハネ583形になっている(583系としての登場時はクハネ581形が継続製造された)。
‘82.2.27 東北本線 本宮~杉田 P:田中一弘(お立ち台通信より)

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加