特集・コラム

陸羽東線で「SL東北DC陸羽東線号」が走った!

2021.09.21

text:RM photo:寺尾武士

 東北デスティネーションキャンペーンの特別企画として、2021年9月18・19日の両日、陸羽東線にて「SL東北DC陸羽東線号」「DL東北DC陸羽東線号」が運転された。陸羽東線で蒸機が運転されたのは8年ぶりのこと。白羽の矢が立った機関車は高崎車両センター高崎支所所属のD51 498であった。

▲鉄橋上にある駅として知られる鳴子御殿湯駅を通過してきた「SL東北DC陸羽東線号」。沿線は大勢のレイル・ファンで賑わっていた。’21.9.19 陸羽東線 鳴子御殿湯~川渡温泉

 この列車は、往路の小牛田→鳴子温泉間がDL牽引による「DL東北DC陸羽東線号」、復路の鳴子温泉→小牛田間が蒸機牽引による「SL東北DC陸羽東線号」として運転された。近年は折り返し駅での機回しをしなくても済むように、プッシュプル形態で運転されることが多いが、今回の大きな特徴は復路では本来編成後端に連結されているはずのDLを切り離して、蒸機が単独で列車を牽引したことだ。

▲往路の「DL東北DC陸羽東線号」は、郡山総合車両センター所属のDE10 1651が牽引。編成後尾にD51 498が有火で連結されている。’21.9.19 陸羽東線 塚目~西古川

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加