特集・コラム

シーナリー散歩 Scene:4-3 天竜浜名湖鉄道 天竜二俣駅(その3)

2021.07.17

取材日:’21.4.15
text & photo(特記以外):羽山 健(RM)
同行取材:遠藤イヅル

 レイル・マガジンで好評連載中の「シーナリー散歩」。全国の鉄道路線を訪ね、思わず模型にしてみたくなるような魅力的なシーナリーを見つけてご紹介しております。2021年7月号では天竜浜名湖鉄道の前編として天竜二俣駅を取り上げました。前回の更新からだいぶ間が開いてしまいましたが、今回の3回目では、車両基地内の主役的存在である転車台と扇形庫を紹介してまいります。

▲転車台越しに4線の扇形庫。平日昼下がりの平和な情景。

 現役の転車台を有している車両基地は国内に30ヶ所以上あるとされますが、日常的に使用しているところはどのくらいあるのでしょう? 転車台の最大の目的は蒸気機関車の前後転向であり、その周囲に扇形庫を設置すれば機関庫として理想的なスペース配分ができた時代がありました。しかし転車台を実質使用する必要がない無煙化後は、通常の留置線に矩形庫を設置する形態へと多くの車両基地が移行。残された転車台は、SL列車用を除くと、気動車の転向などイレギュラーにしか用いていないものが多いと思います。

▲下路式のためピットは比較的浅め。左手に操作室がある。

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加