特集・コラム

ディーゼルカーで行く 山陰本線木造駅舎モデリング探訪 Vol.2(工作編)

2021.01.01

scale 1:150(gauge 9mm)
modeling, text & photo:高橋 隆(RMM)

🔶前半の記事はコチラ!ディーゼルカーで行く!山陰本線木造駅舎モデリング探訪 Vol.1

 前編では、徒歩と鉄道を利用して山陰本線の各駅に建つ木造駅舎の数々を1日かけて見て回りました。こういった木造駅舎が場を占める駅といえば、旅情を掻き立てるのはもちろんのこと模型の題材としても貫禄十分、ぜひカタチにしてみたいものです。
 そこで後編では、訪問した4駅の中から1914年に駅舎が完成した「江南駅」をモチーフに選び、手頃なA4サイズのパネル上に走行可能なNゲージジオラマ(セクションレイアウト)として収め、それらしい雰囲気が出せるかを試してみました。

 

 かつて交通の大動脈を担った山陰本線には大きな駅が多く、江南駅もそのひとつとなっている。ホームの長さは約200mで、そのままNゲージサイズで作ると長手方向で最低1.33mにも及んでしまうため、A4サイズに収めるには空間を多少圧縮してやる必要がありそうだ。

■Let’s モデリング!

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加