特集・コラム

初の新快速専用車両、117系が京都鉄道博物館に展示!
~京都鉄道博物館新快速50年企画レポートVol.4~

2020.11.07

text&photo:RM
取材日:’20.11.7
取材協力:京都鉄道博物館

🔶特集展示の取材記事はコチラから!京都鉄道博物館新快速50年企画レポートVol.1

 京都鉄道博物館では新快速50周年企画「この秋は新快速で50!~学んで、遊んで、しんかいそく!~」の一環として本館1階の車両工場にて2020年11月7日~11月10日までの期間限定で117系の展示を行っている。

▲「新快速」として登場当時のヘッドマークをステッカーにて再現。

■第一編成に取り付けられた「ローレル賞」プレート

 117系は前記事でも述べた通り、1980年に京阪神間での私鉄に対抗するため国鉄としては異例の専用車両として新快速に投入され、その流線形の外観と車内の設備で話題となった。
 今回は、そのトップナンバー編成のの先頭車2両と100番代の中間車2両が展示されている。(同館本

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加