特集・コラム

どこへ行くかはお楽しみ!~キハ66・67形ミステリートレイン乗車記~

2020.11.08

text&photo:芦原やちよ

取材日:’20.10.31

 去る2020年10月31日、「キハ66・67形ミステリートレイン」が門司港から門司港まで戻ってくる周遊ルートで運転された。本列車はその名の通り、ミステリー列車なので参加者には経路が知らされずに門司港駅を出発した。

 今回、幸運にもこの列車に乗車することができたため、その様子をレポートしようと思う。

▲採銅所駅に停車中のキハ66・67

■引退が近い気動車を貸切
 今回貸し切ったのはJR九州・佐世保車両センターに所属するキハ66・67形気動車。この車両は1974(昭和49)年よりこの九州地区、配置当初は筑豊地域に投入された車両である。一般型気動車と急行型

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加