特集・コラム

【閉館惜別】名鉄資料館はこんなところです

2020.10.23

text&photo:羽山 健(RM)
取材日:’15.7.24
取材協力:名鉄資料館

 名鉄資料館は、名古屋鉄道の歴史を物語る数々の資料の保存・展示施設として、創業100周年である1994年6月に開館。しかし先日、本年12月25日(金)をもって閉館となることが発表されました。ここではレイル・マガジン386(2015年11月)号掲載の訪問記を再構成の上で再録します。

▲立体物資料が中心の第2展示室。歴史的な車輌の部品類はもちろん、駅施設の部品、CTCの機械、古レールなど、鉄道に関するありとあらゆる立体資料が収蔵されている。

 鉄道という産業は、必然的に地域に根ざすことから他の産業と比べてもかなり色濃く歴史の積み重ねの上に成り立っています。このため鉄道会社自らが運営する博物館・資料館はとても意義深く、我々レイル・ファンには多くのことを示唆してくれるものです。

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加