特集・コラム

時速500㎞のメカニズムを体感!~山梨県立リニア見学センター「どきどきリニア館」レポート~

2020.10.23

text&photo:廣瀬 匠(RM)
取材日:’20.10.19
取材協力:山梨県立リニア見学センター


 日本で唯一、時速500㎞で走り抜ける超電導リニアを間近で見ることができ、さらにその最先端のメカニズムを学ぶことができる施設がある。山梨県都留市にある山梨県立リニア見学センター「どきどきリニア館」、その最先端の技術と速さを体験することができる施設をレポートしていく。

▲山梨県立リニア見学センター「どきどきリニア館」

■超電導リニア「MLX01-2」のお出迎え

 まず、エントランスをくぐり抜けると目の前に現れるのは超電導リニア「MLX01-2」だ。この車両は2003年に世界最高速度時速581㎞を記録し、ギネスブックにも登録された車両だ。

▲エントランスから入館すると、「MLX01-2」が出迎えてくれる。

 さらに、1階の壁面には超電導リニアが現在に至るまでの歴史を学ぶことができる。最初は鉄道技術

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加