ニュース

貨物輸送の未来をみんなで考えよう!「第22回 貨物鉄道論文賞」「第14回 住田物流奨励賞」論文募集!

2022.05.12NEW

 日本貨物鉄道株式会社では、「第22回 貨物鉄道論文賞」「第14回 住田物流奨励賞」の論文募集を行なっている。

「第22回 貨物鉄道論文賞」
 本賞は、効率的でかつ環境に優しい輸送機関である貨物鉄道の発展と利用促進、さらには一方で深刻化する労働力不足などの取り巻く環境の変化に対応するため、鉄道貨物輸送に関する先進的な利用実績や独創的な提案・研究などを顕彰することを目的としたもの。前回の第21回時に「鉄道貨物振興奨励賞」から「貨物鉄道論文賞」に改称されている。

■応募資格
 上記の趣旨に沿ったものであれば、個人・グループ・団体・企業を問わない。

■応募方法
・応募論文は、日本語で書かれた未発表論文でA4用紙(40字×36行)5枚以上15枚以内(図表及び写真を除く)とする。
・A4用紙1枚に1,000字以内で、本文の要約を必ず添付すること。
・本文・要約とは別に、次の事項を記入した書面「応募票」(1) 住所・(2) 氏名・(3) 年齢・(4) 連絡先電話番号・(5) 勤務先または学校名・(6) 本賞を知ったきっかけ(例:雑誌名、ホームページ名など)・(7) 他薦であれば推薦者名を添付すること。

■応募締切日
 2022年8月31日(水)

■応募先
電子メール:bosyu@jrfreight.co.jp
郵送:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 サウスゲート新宿
    日本貨物鉄道(株) 貨物鉄道論文賞運営委員会 事務局

■審査・表彰
 11月に審査結果の通知・12月に表彰式を予定。
※応募した論文が「審査対象」となった方には、記念品が贈呈される。
※応募した論文は、本賞のほか、特に交通の各分野において広く物流振興のために大きく貢献した著作・論文・研究などを顕彰する「第14回住田物流奨励賞」の選考対象とする。

 ’22.2.15 東海道本線 大船〜戸塚 P:伏川宗士
今日の一枚より

「第14回 住田物流奨励賞」
 本賞は、公益財団法人 交通研究協会が行なう事業であり、交通に関する各分野(鉄道、海運、航空、トラックなど)において、物流発展のために優れた功績を残し、社会に大きく貢献した著作、論文、研究等を顕彰することを目的としている。

応募資格
 「応募テーマ」の内容に沿ったものであれば、個人、グループ、団体、企業を問わない。ただし、同財団の行なう「住田正一海事奨励賞」、「住田正一海事史奨励賞」、「住田正一海事技術奨励賞」、「鉄道史学会住田奨励賞」、「住田航空奨励賞」への応募作品との重複は不可。

応募テーマ
 鉄道、海運、航空、トラックなど、交通の各分野において、物流の効率化や物流の発展などに資すると認められる著作、論文、研究など。

応募方法
論文の場合
・応募論文は、日本語で書かれた未発表論文でA4用紙(40字×36行)5枚以上15枚以内(図表及び写真を除く)とする。
・A4用紙1枚に1,000字以内で、本文の要約を必ず添付すること。
・本文・要約とは別に、次の事項を記入した書面「応募票」(1) 住所・(2) 氏名・(3) 年齢・(4) 連絡先電話番号・(5) 勤務先または学校名・(6) 本賞を知ったきっかけ(例:雑誌名、ホームページ名など)・(7) 他薦であれば推薦者名を添付すること。

図書の場合
・推薦書(下記リンク先WEBサイトよりダウンロード可)に必要事項を記載のうえ、事務局あてに送付する。

応募締切日
 2022年8月31日(水)必着

応募先
電子メール:bosyu@jrfreight.co.jp
郵送:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 サウスゲート新宿
    日本貨物鉄道(株)住田物流奨励賞 運営委員会 事務局

■(両賞共通)問合せ先
 日本貨物鉄道株式会社
 貨物鉄道論文賞運営委員会事務局/住田物流奨励賞運営委員会事務局
 TEL.050-2017-4071
 E-mail:bosyu@jrfreight.co.jp

JR貨物ウェブサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
185系