ニュース

43年間車両が走り続けてきたレールを販売! 北総鉄道50周年記念グッズ

2022.04.30

 北総鉄道では、会社創立50周年を迎えることを記念し、5月10日より「開業当初(1979年)から使用していた記念レール」を1,000個限定で販売する。この商品は、1979年3月9日の北初富駅~小室駅間開業時より2022年まで、現在の新鎌ヶ谷駅付近に敷設されていたレールをカットしたもの。詳細は以下のとおり。

【HPより】

hokuso%2001.jpg

‘07.3.4 京浜急行電鉄本線 品川 P:福田智志
消えた車両写真館より)

◎北総鉄道「開業当初(1979年)から使用していた記念レール」について

販売期間:2022年5月10日(火)~2023年3月9日(木) 
 ※5月5日(木・祝)千葉ニュータウン中央駅にて開催する「鉄道会社 周年記念グッズ販売会」で先行販売

価格:4,000円

内容
・50kg N レール(高さ:約153mm×最大幅:約127mm×厚さ:約10mm)
・ちばの木に印刷した入場券仕様の記念券、裏は1979年(昭和54年)3月9日の開業当時の写真を印刷したレールの説明文
・特製の桐箱(縦:約183mm×横:約157mm×高さ:約35mm)

販売場所
・北総線 東松戸駅、新鎌ヶ谷駅、千葉ニュータウン中央駅
・「はとマルシェオンライン
・同社参加のイベント会場
・5月5日先行販売は千葉ニュータウン中央駅コンコースの会場

販売数:限定1,000個(第1弾は500個、第2弾は500個)※第2弾は、7月以降販売予定。

本件に関するリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
185系