ニュース

わたらせ渓谷鐵道で織物鉄印(冬版)発売!

2021.12.24

 第三セクター鉄道ファンの間で人気となっている鉄印帳だが、わたらせ渓谷鐵道では国指定伝統的工芸品「桐生織」による超緻密な「絵画織」織物鉄印を季節ごとに展開しており、12月16日よりその「冬版」を発売中だ。

 紙ではない織物による鉄印は全国初の販売で、織物の産地・桐生を沿線に有する同社の強みを活かした商品と言える。この絵画織を使用した「絵画織・織物鉄印」を春・夏・秋・冬のシリーズで4回製作する予定で、今回は「秋版」につづく第2弾。裏面に紙貼り加工を施してあるので、糊等で鉄印帳への貼付が可能となっている。

「冬・普通列車」(左)と「冬・わっしー号」(右)の2種類が用意される。(プレスリリースより)

発売期間
 2021年12月16日(木)~ ※売り切れ次第終了

発売箇所
 相老・大間々・通洞の各駅窓口、トロッコ列車車内販売
 ※通洞駅は2022年3月11日まで、日曜・祝日のみの営業。

記帳料等
 図柄2種類(「普通列車」と「わっしー号」)、各1枚800円(税込)
 ※「鉄印帳」と乗車券を提示すること。1種類につき1枚ずつ購入可能。

詳しくはこちら
わたらせ渓谷鐵道WEBサイト

関連記事
全国初!? わたらせ渓谷鐵道で織物鉄印登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加