ニュース

JR東日本 常磐線各駅停車でのバリアフリー環境整備について

2021.04.20

 JR東日本は、常磐線各駅停車に今年度ホームドアを整備するのに合わせ、車いすの人が利用しやすい環境づくりを行っていく。詳細は以下の通り。

■ホームドア設置駅
 北松戸、馬橋、新松戸、北小金、南柏、柏、北柏の各駅
 これに合わせ、くし状部材を設置するとともにホーム上に案内表示を設置する。

●くし状部材
 ホームと列車の隙間を縮小するため2号車と9号車の各4番ドア乗降口のホーム先端に設置される。

(JR東日本プレスリリースより)

●案内表示の設置
 2号車と9号車の各4番ドア乗降口のホーム上(床面とホームドア)に、案内表示を設置する。

(JR東日本プレスリリースより)

■待ち時間短縮の取り組み
 常磐線各駅停車の段差・隙間の目安値を満たす駅にて、自身で降車を希望する方には、乗車駅での係員による降車駅への連絡を省略することで、乗車駅での待ち時間短縮を図る。

●開始時期
 2022年3月以降

●段差・隙間の目安値を満たす駅

(JR東日本プレスリリースより)

🔶詳しくはこちら
🔶JR東日本ウェブサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加