ニュース

JR東日本 実物大の新幹線模擬設備を研修センターに構築!

2021.03.03

 JR東日本は、、1982年に開業した東北新幹線(東京~盛岡間)と上越新幹線(大宮~新潟間)の橋りょうやトンネルなどの新幹線構造物について、将来にわたる安定輸送確保のため、2031年度から10年間で大規模に改修することを計画していると発表した。これに合わせ、新たに実物大の模擬設備を構築し大規模開発の着手に向けて、回収材料の開発や作業の機械化などの技術開発を実施していく。詳細は以下の通り。

■実物大模擬設備の概要
 JR 東日本総合研修センター(福島県白河市十三原道下 1-1 )の敷地内に、JR東日本では初となる総合的な実物大模擬設備を構築した。

(JR東日本プレスリリースより)

●設備
・コンクリート橋
 約80m
・トンネル・土工設備
 各約30m
・線路
 コンクリート橋:約70m
 地上:約105m

■技術開発について
●コンクリート橋

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加