ニュース

JR東日本「津軽づくし弁当」「ガニ線カード」

2021.02.17

 JR東日本は、「東北デスティネーションキャンペーン」に合わせて「津軽づくし弁当」の発売と「ガニ線カード」の配布を行う。詳細は以下の通り。

◎津軽づくし弁当
 津軽半島の魅力を身近に感じ、知っていただきたいという思いを込めて販売。

■お品書き
青森トラウトサーモン、自然熟成豚味噌炒め、紅ズワイガニ、いくら、青天の霹靂(米)、ホタテ照焼、東北ピクルス(長いも・ごぼう)、できるだし煮物等

■発売日
 2021年3月6 日(土)

■発売箇所
 新青森駅「ブナの森弁当売店」、青森駅「ぐるっと遊青森駅店」

■発売価格
 1,200円(税込)

◎ガニ線カード
 発案者である青森大学の学生、外ヶ浜町・今別町代表の地域の方、津軽線を担当する JR東日本の社員それぞれから寄せられた「津軽線への想い」を紹介。

■配布期間
 3月6日(土)~3月31日(水)

■配布場所
 青森駅東口改札(3月27日以降は新駅舎改札)
※3月6日(土)10:15~11:15 は東口改札内のエキナカアート付近(階段付近)で配布

■配布枚数
 各250枚、計2,000枚

🔸詳しくはこちら
🔸JR東日本ウェブページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加