ニュース

TOMIX 0系 東海道・山陽新幹線 大窓車・初期型/開業ひかり1号・H2編成

2014.08.19


★東海道新幹線開業・0系登場50周年に合わせ、TOMIXから記念アイテムの目玉となる0系大窓車が発売された。

★TOMIXでは古くから最終タイプの2000番代をラインナップしてきたが、今回のモデルでは側面窓が大型の初期車(中でも方向幕のない初期タイプ)を完全新規製作。製造年次による形態差はもちろん、ライトの形状の見直しなど、基本的なところでもより「0系らしく」リファインがなされている。

★通常アイテムとしては、前頭部のカバーが不透明のFRP素材化された姿を製品化。6輌基本・4輌増結A・2輌増結Bの各セットでフル編成に対応する。

★通常品の基本セットには〈こだま〉仕様も用意され、〈こだま〉専用の車掌室付25形200番代が含まれる。また上記増結セットとの組み合わせで、ビュッフェ車35形が2輌入る〈こだま〉用16輌編成の再現が可能。

★限定品の「開業ひかり1号・H2編成」は、東海道新幹線開業1番列車を模した12輌フルセット。前頭部は最初期の「光前頭」(アクリル製半透明)を再現、実車同様点灯する。また本セットの東京方先頭車22形は、通常品とは異なりボンネットに搬入口がない姿となる。

〔価格〕

●塗装済完成品

6輌基本セット:17,800円+税

6輌基本セット(こだま):17,800円+税

4輌増結セットA:12,000円+税

2輌増結セットB:3,800円+税

H2編成12輌セット(限定品):34,000円+税


※製品の詳細等は2014年8月21日発売『RM MODELS』230号をご覧ください。また、誌面ではこの他にも魅力的な製品を多数紹介しています!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加