ニュース

GM/CP 東急8500系「TOQ-BOX」

2011.06.20

★青帯の「シャボン玉」編成に続く2種目の8500系「TOQ-BOX」仕様がリリース。

★「TOQ-BOX」は1980年代に登場した広告貸切列車。車外も装飾され、本編成(8634F)では側面に赤帯を巻き、虹や音符、楽器のステッカーが貼られた(現在は撤去)。

★GMブランドからは、側面にも装飾があった時代の姿で製品化。全車にわたるステッカー装飾はシャープな印刷で再現。

★CROSS POINTからは2008年~2010年頃の、前面と赤帯以外の装飾が撤去された仕様を発売。

★動力ユニットは同社完成品標準の2モーターだが、従来品に比べモーター同士の同調性、通電性が向上している。

★セット構成含め「シャボン玉」編成に準じ、車番は共通品のステッカー。別売ライトユニット(品番6505)に対応。


〔価格〕

●塗装済トータルキット

4輌セット(GM):16,800円

4輌セット(CP):12,600円

6輌増結セット(GM):17,325円

6輌増結セット(CP):12,600円

〔セット内容〕※両仕様とも同様

■トータルセット:デハ8534+デハ8886+デハ8789(M)+デハ8634

■増結セット:デハ8887+サハ8968+デハ8790+デハ8894+サハ8967+デハ8778



○元「TOQ BOX」編成(CP)




○「TOQ BOX」編成(GM)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加