ニュース

GM/クロスポイント 近鉄2610系 冷房車

2011.04.26


★以前から板状キットが存在するGMの近鉄2610系に、完全新規の塗装済キットが登場。

★実車は1972年登場。旧参急の2200系の代替用で、4扉車ながら長距離運用に備えたトイレ付、全席ボックスシートだったが、その後の更新でトイレ前を除きロングシート化。大阪線・名古屋線で活躍している。

★製品は裾のマルーン塗装を省略した近年の姿。屋上クーラーキセが初期6編成の分散型か、その後の連続型かにより2種のセットが設定される(キセは屋根一体成型)。

★またCROSS POINTブランドでは、付随車に2200系の台車(KD49C)を流用した編成を「金属バネ台車」と題して製品化。近似のKD47形台車がセットされる。

★前・尾灯は別売ユニットで点灯可能(6510/ライトユニットJ:2個入1,890円)。

★車番はインレタが付属。ステッカーには行先のほか、連続キセ車に存在する「L/Cカー」のロゴも含まれる。

〔価格〕

●塗装済トータルキット(全てM付)

分散キセ4輌セット:14,280円

連続キセ4輌セット:14,280円

金属バネ台車編成 :14,280円

〔セット内容〕

■ク2710+モ2660(M)+サ2760+モ2610



○奥から分散キセ編成、連続キセ編成



○金属バネ台車編成(CROSS POINT)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加