ニュース

マイクロエース EF64 1015/1047

2010.02.24

New Model〔ここに注目!〕

★マイクロエースのEF64 1000番代に新たな2つのバリエーションが登場。

★ラインナップに加わったのは高崎機関区所属の1015号機と、岡山機関区の更新色機1047号機。

★1015号機には、1998年8月13日の青梅・南武線石灰石列車廃止時、最終列車を飾った「青梅線さよなら石灰石列車」のヘッドマークが付属。前号で紹介した同社のホキ9500(奥多摩工業)とベストマッチする。

★屋上は黒色で、運転台直上には冷房装置も再現。JRマーク及び「高機」の区名札は印刷済、青色のナンバープレートも貼付済。

★1047号機は岡山機関区で2006年に施工されたJR貨物更新色をまとう。高崎機関区所属の更新機と違い、青15号地で側面裾と前面にライトパープルの警戒色が入る。台車廻りはグレー成型で、運転台にクーラー搭載。

★両機ともスノープラウは付かない。



〔価格〕

●塗装済完成品:各7,665円





New Model

○1015号機



New Model

○1047号機


  • このエントリーをはてなブックマークに追加