ニュース

マイクロエース スハ43系客車 (ぶどう色1号塗装)

2010.02.24

New Model〔ここに注目!〕

★マイクロエースから、旧型客車の中でオハ35系、オハ61系と並ぶ主力形式と言えるスハ43系客車の、ごく初期の姿が登場。

★43系客車は1951年に急行用として登場。切妻車体でシートピッチは1,470mmに拡大され、台車も後のスハ44などにも使われたTR47を履く。戦後の主力客車形式のひとつであり、現在も動態保存車がある。

★今回の製品は1950年代中ごろの想定で、塗色はぶどう色1号。所属標記(名マイ)は形式標記上部に入り、窓下には3等車を表す縦3本線が標記される。東海道線の普通列車をイメージした6輌編成で、牽引機はC59、C62、EF58、EF57、EF53など同時代、同線で活躍した機関車ならばどれと組み合わせてもおかしくない。

★スハフ42の車掌室側テールライトは点灯式で、床下にON/OFFスイッチが付く。

★車番・標記や号車札は印刷済で、行先サボ(大阪・東京・米原・広島・博多・名古屋)、急行サボが印刷されたシールが入る。



〔価格〕

●塗装済完成品

6輌セット:16,590円



〔セット内容〕

■スハフ42 71+スハ43 299+スハ43 110+スハ43 4+スハ43 141+スハフ42 286

New Model


  • このエントリーをはてなブックマークに追加