ニュース

TOMIX C57 135

2009.10.23

New Model〔ここに注目!〕

★TOMIXから久々の蒸機モデルとして、鉄道博物館収蔵機であるC57 135が満を持して登場。

★実車は1940年三菱重工製。晩年は密閉式キャブへ改造され岩見沢第一機関区に所属。1975年12月14日室蘭~岩見沢間での最後の蒸機牽引旅客列車の任にあたり、廃止後は東京・神田の交通博物館で所蔵・展示されていた。その後一昨年のさいたま市の鉄道博物館開館にあたり移動され、同館のシンボル的存在として展示されている。

★「貴婦人」と呼ばれたC57のシルエットを美しく再現しつつも、フライホイール付きモーターを搭載。かつ北海道型の特徴でもある密閉式キャブはシースルーで、バックプレートも再現。また屋根明かり窓は開閉可能。動輪および先輪は各形状を実物に則し表現。

★ボイラー側面に渡るハンドレールは金属線を使用したシャープな作りで、安全弁などは真鍮パーツを使用。

★ヘッドライト(補助灯は非点灯)は先頭及びテンダー側も点灯式で、また前位側ライトのみ煙突自体がON/OFFスイッチとなる。炭水車後位のテールライトにはクリアーパーツ取付済。

★付属品は重連時に使用する前位アーノルトカプラーおよび前後各TNカプラー、回転火の粉止め、ヘッドマーク台座など。「さよならSL」のへッドマークも入る。



〔価格〕

●塗装済完成品

16,170円

New Model



New Model


  • このエントリーをはてなブックマークに追加