ニュース

「志国高知 幕末維新号」、京都鉄道博物館に特別展示

2020.01.21
 京都鉄道博物館では、JR西日本の営業線とつながっている引込線を活用し、様々な車輛を展示している。今回、2019年11月30日(土)をもって運転を終了したJR四国の観光列車「志国高知 幕末維新号」を特別展示する。京都鉄道博物館でJR四国の車輌を展示するのは、「瀬戸大橋アンパンマントロッコ号」に続き2回目となる。
20200121105945-22c4b3e97f582f6961b7f03ed25e8c516b4a1ed8.jpg
○展示概要
■展示期間
 2020年1月28日(火)~3月1日(日)
 ※休館日を除く
■展示場所
 本館1階「車両のしくみ/車両工場」エリア
 ※1月28日(火)11:00頃入線
■展示車輌
 「志国高知 幕末維新号」(キクハ32-501およびキハ185-20)
○関連イベント
■入線シーン公開
・1月28日(火)11:00頃から30分程度
・本館1階「車両のしくみ/車両工場」エリアにて
■「志国高知 幕末維新号」車内公開
・1月28日(火)13:30~16:00、1月30、31日両日、並びに2月1日(土)~3月1日(日)の土休日
・各日11:00~12:00、13:00~16:00にて公開
※2月1日(土)の13:30~16:00までは、高知県の高校生によるガイドを車内で行うため、整理券を所持する者のみに公開

詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加