ニュース

JR東日本 2020年ダイヤ改正について

2020.01.14
 JR 東日本では、2020年3月14日(土)にダイヤ改正を実施する。
■ダイヤ改正の主な内容
●東北新幹線「はやぶさ」について、東京~新青森間で3往復を増発する。また現在東京発仙台行きとして運転している「はやぶさ」の行き先を変更することで仙台~新青森間で下り1本を増発する。
●上越新幹線「たにがわ」を上野~高崎間で増発し、E2系10輌編成で運転する。これにより「たにがわ」1本を増発する。
●首都圏を発着する特急列車の利便性・快適性向上
・新たな観光列車として、東京~伊豆急下田間に特急「サフィール踊り子」を新設する。これにより「スーパービュー踊り子」は運転をとりやめる。また一部の「踊り子」を185系からE257系に変更する。
・特急「富士回遊」を1往復増発する。
・特急「あずさ」の運転区間および一部の停車駅を変更し、首都圏~甲府・信州エリアへのアクセスを向上する。
・現在東京~成田空港間を6両編成で運転している特急「成田エクスプレス」の2往復を、12両編成で運転することにより、東京~成田空港間のすべての列車が12両編成での運転となる。
●山手線・京浜東北線の田町~品川間に新駅・高輪ゲートウェイが開業する。
●中央線(快速)および中央・総武線(各駅停車)の輸送体系を変更し、中央線(快速)は東京~高尾間で終日快速運転を実施する。
●仙台空港アクセス線において、現在2両編成で運転している7往復を4両編成に変更。
●磐越西線で運行する快速「あいづ」3往復に指定席車両を導入する。座席指定料金は通常期・ 繁忙期530円、閑散期330円。
●常磐線に2019年に臨時駅として開業した「Jヴィレッジ駅」を常設化する。また、「佐貫駅」の駅名を「龍ケ崎市駅」に改称する。

詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加