ニュース

D51 498運転開始30周年を記念し、列車名の変更およびイベントを開催

2018.07.26
 JR東日本高崎支社ではD51形498号機が、1988年12月23日に上野~大宮間を”オリエント急行’88″のラストランを牽引してから、今年で30 周年を迎えることを記念して、SLの列車名を〈SLみなかみ〉から〈SLぐんま みなかみ〉、〈SL
碓氷〉から〈SLぐんま よこかわ〉にそれぞれ変更する。
 また今後、SL(D51 498)運転開始30周年を記念し、スタンプラリーなど様々なイベントを開催する予定。
20180726131124-23de2e7791f3a48b06ebfd1cd75693214cdc5fd4.png

▲ヘッドマーク・横サボデザインイメージ

■D51 498運行30周年を記念したスタンプラリーとイベントの実施
 現在、SL車内では「SL GUNMA トレーディングカード」や「こども車掌放送体験」などのイベントがあるが、D51 498の30周年を記念して、スタンプラリーや特別イベントを計画中。

詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加