ニュース

JR東日本 東京2020大会に向けた駅改良の工事計画について

2017.06.06
 JR東日本では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会期間中に利用が多く見込まれる競技会場周辺の駅や、ベイエリア競技会場・空港アクセス路線への主要乗換駅において、改札口やコンコースの拡張、バリアフリー設備の拡充などの駅改良を進めており、すでに千駄ケ谷・信濃町・原宿の各駅については工事に着手しているが、このたび、有楽町・新木場・新橋および浜松町の各駅についても具体的な計画について発表した。
【有楽町駅】
(1)エレベーターを大型化、国際フォーラム口と中央口のコンコースを結ぶ通路を新設、国際フォーラム口にもバリアフリールートを整備するなどバリアフリー設備を拡充する。
(2)階段、コンコース、トイレを拡張し混雑緩和を図る。
(3)京浜東北線にホームドアを新たに設置して、安全性の向上を図る。
【新木場駅】
(1)エレベーターを増設し、バリアフリー設備を拡充する。
(2)ホームとコンコースの利用者の動線がスムーズになるよう、階段とエスカレーターを増設する。
(3)コンコース、改札口やトイレを拡張し混雑緩和を図る。
【新橋駅】
(1)烏森改札口やコンコースを拡張し、混雑緩和を図る。
(2)ホーム上の大屋根を拡張することで、柱の少ないホームを実現する。
(3)山手線と京浜東北線にホームドアを新たに設置して、安全性の向上を図る。
【浜松町駅】
(1)エレベーターを大型化して、バリアフリー設備を増強する。
(2)東京モノレールとの乗換え客の動線がスムーズになるよう、乗換通路を相互通行化する。
(3)山手線にホームドアを新たに設置し、安全性の向上を図る。
◆工事費および工期
 今回、駅改良を計画している4駅の工事費総額は約250億円を見込んでおり、2020年春頃までに使用を開始する予定。
 ※なお、バリアフリー設備・ホームドアの整備については、国や自治体などの協力により進めていく。

詳しくはこちらを参照(pdf形式)


JR東日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加