ニュース

タイ王国バンコク都市鉄道パープルラインの開業について

2016.08.08
 JR東日本グループは、新たな事業領域への挑戦として、海外鉄道プロジェクトへの参画を目指しているが、2016年8月6日、タイ王国の首都バンコクの都市鉄道パープルライン(正式名称 チャローン・ラチャタム線)が開業する運びとなり、JR東日本グループである株式会社総合車両製作所(以下「J-TREC」)が製造した「sustina」21編成63輌の鉄道車輌が、バンコクの地で運行を開始した。また、JR東日本・丸紅・東芝とが共同で設立した会社Japan Transportation Technology(Thailand)Co.,Ltd(以下「JTT」)についても、メンテナンス業務を本格的に開始した。
 パープルラインについては、J-TRECが鉄道車輌を供給し、JTTを通じて鉄道車輌や各種地上設備のメンテナンス業務を実施するべく準備を進めていた。今回、バンコクの都市交通に日本製の鉄道車輌が初めて採用され、また日本の鉄道事業者を含めた企業連合が海外での鉄道メンテナンス事業に参画する初めてのケースとなった。

詳しくはこちらを参照(pdf形式)


JR東日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加