ニュース

JR西日本 山陰本線に新たな観光列車を導入

2016.08.08
 JR西日本では、2017(平成29)年9月から12月に開催する「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン(やまぐちDC)」に向けて、山口県をはじめとして県内各地域と連携し、魅力ある観光素材や二次アクセスの整備、おもてなしの準備などを進めている。このたび、やまぐちDCを契機として、国内有数の海の眺望を誇り、県内の主要観光地を結ぶ山陰本線に新たな観光列車を導入することを発表した。
◆導入時期
 2017(平成29)年夏ごろ(予定)
◆運行区間
 山陰本線(下関エリア~長門エリア~萩エリア)
◆使用車輌
 キハ47系気動車 2輌編成
 ※現在、山陰本線を運行する観光列車”みすゞ潮彩”を改造することで、新たな観光列車を導入する。
 ※これに伴い、”みすゞ潮彩”は運行を終了する。
◆新たな観光列車の概要
・本州最西端の響灘や日本海の絶景をゆっくり楽しめる座席
・沿線の美味、美酒など、山口の魅力を堪能できるサービスやおもてなしの提供

詳しくはこちらを参照


JR西日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加