ニュース

JR東日本仙台支社 E721系1000代新造車輌投入

2016.05.26
 JR東日本仙台支社では、現在、東北本線、常磐線、仙山線などで運行しているE721系電車について、新たに4輌固定編成のE721系1000代車輌を新造する。
 この車輌は、現在使用しているE721系0代の2輌固定編成を2本連結した場合と比較して定員が増え、混雑緩和に繋がるもので、2016年11月頃から営業運転を開始する予定。
◆新造輌数
 19編成76輌
◆導入時期
 2016年11月頃~2017年3月の予定
◆運用線区
 東北本線(黒磯~一ノ関)、常磐線、仙山線
◆車輌の特徴
 E721系0代車輌との比較
・4輌固定編成になり、2輌編成を2本連結した場合と比べて、定員が540名から574名に増加する。
・座席の座り心地を改善する。
・車内照明を全てLED照明にすることで従来の蛍光灯の約6割の消費電力となる。
・車体の帯部分の色を赤色から「さくら色」に変更する。
◆製造会社
 株式会社 総合車両製作所(横浜事業所と新津事業所)
◆その他
 今回の車輌新造に伴い、719系電車については順次廃車する計画。

詳しくはこちらを参照(pdf形式)


JR東日本仙台支社 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加