ニュース

JR西日本 春の臨時列車運転について

2016.01.22
 JR西日本では、2016(平成28)年3月1日~6月30日の間に運転する臨時列車について発表した。
【新幹線】
・山陽新幹線では、〈のぞみ〉1,692本、〈みずほ〉165本、〈さくら〉45本、〈ひかり〉98本の合計2,000本を運転する。
・北陸新幹線では、〈かがやき〉を合計890本運転する。
【在来線】
 三連休や春休み、ゴールデンウィーク期間を中心に、合計371本運転する。
・観光列車”ラ・マル せとうち”を宇野みなと線(岡山~宇野間)で、”みまさかノスタルジー”を津山線(岡山~津山間)で、4月9日より運転を開始する。
・臨時特急〈くろしお〉はすべて新型車輌(287系または289系)で運転。
・寝台特急〈サンライズ出雲〉をゴールデンウィークに4本運転。東京→出雲市間〈サンライズ出雲91号〉が5月2・5日、出雲市→東京間〈サンライズ出雲92号〉が5月1・4日に運転。
・ダイヤ改正後の土曜・休日に山陽本線西条~広島~岩国間で、快速〈シティライナー〉を227系で運転をするが、改正前の3連休(3月19~21日)に〈115系シティライナー〉を運転する。

詳しくはこちらを参照


JR西日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加