ニュース

SL〈やまぐち〉号に旧型客車を復刻した新製客車投入

2015.03.30
 JR西日本では、SL〈やまぐち〉号の持続的な運転のため、SL全盛期の旧型客車を復刻した新しい客車を投入すると発表した。また、新しい客車投入にあわせて、SL〈やまぐち〉号の一部停車駅をレトロ調などに改修を行う。客車投入・改修時期は2017(平成29)年9月を予定している。
【SL〈やまぐち〉号客車について】
 コンセプトは、「SL全盛期の旧型客車であるマイテ49、オハ35、オハ31を復刻」、「SLの音や煙を体感できるよう開放型展望デッキや開閉窓の設置」、「SLを体験、学べるフリースペースを設置」、「バリアフリー対応、ベビーカー置場、温水洗浄機能付きトイレなどにより快適性を向上」としている。
 新型客車は5輌1編成で、1号車は1938年製の1等展望客車マイテ49形を模したグリーン車で、端部に展望デッキと展望室を設置する。2~4号車は1939年から製造が始まった3等客車のオハ35形をモチーフにした普通車で、いずれも4人用ボックスシートを設置する。3号車には「SLを体験・学べるフリースペース」と販売カウンターを設ける。5号車は1927年から製造された、3等客車のオハ31形をモデルにした普通車で、4人用ボックスシートのほか、車いす対応席を設け、端部には展望デッキを設ける。
  ▼エクステリアイメージ 画像提供:JR西日本
20150330201602-72a4be9d3d47ba9a81be994e4d7ef47115071c88.jpg
【SL〈やまぐち〉号の一部停車駅の改修について】
 新山口駅は、停車するホームの床面を昭和初期レトロ調に改修する。仁保駅は、ホーム待合室を移設し見学スペースを確保する。地福駅は、駅舎の内外装を昭和初期レトロ調に改修する。津和野駅は、コンコース・トイレなどを改修する。

詳しくはこちらを参照


JR西日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加