ニュース

JR貨物 2015年3月ダイヤ改正について

2014.12.22
 JR貨物では、2015(平成27)年3月ダイヤ改正について、輸送需要の多い関東→九州間の輸送力増強、関東~東北間にエコ関連物資列車の新設などについて発表した。
・関東→九州間において輸送力を増強
 列車番号 61列車
 発着時間 東京(タ)23:33発→福岡(タ)18:31着
 運転時間 18時間58分
 最高速度 110km/h
 列車編成 コキ100系コンテナ貨車×20輌
 輸送力  100個(12ft換算)
 ※これにより東京(タ)発九州行き23時台の列車体系は2列車から3列車体制となる。
・関東~東北間にエコ関連物資列車を新設
 列車番号 下り2091列車・上り2090列車
 発着時間 下り隅田川17:13発→大館10:50着
      上り大館15:17発→隅田川11:37着
 運転時間 下り17時間13分
      上り20時間20分
 最高速度 95km/h
 列車編成 コキ100系コンテナ貨車×20輌
 輸送力  100個(12ft換算)
・伯耆大山駅にコンテナホームを新設し米子駅(貨物)の機能を移転する
 これにより、列車番号3081列車・3089列車の着駅と3084列車・3088列車の発駅が米子から伯耆大山に変更となる。伯耆大山~西岡山間で4往復運転となり、山陰本線伯耆大山~米子間での取扱いは廃止となった。
・関西~九州(鳥栖地区)間の輸送力を増強
 大阪(タ)~鳥栖(タ)間を運転する列車番号57列車・56列車の輸送力をそれぞれ1000トンから1200トン(12ft換算で20個)に増強する。
・東京(タ)~東福山間に直行貨物列車を設定
 現在、関東~広島間で運転されている列車を見直し、列車番号55列車について東京(タ)23:41発→東福山10:38着に速達化し、54列車については東福山23:03発→東京(タ)9:54着で発駅を変更する。
・機関車を12輌新製、コンテナ車を178輌新製、コンテナを5,000個(19D形式3,450個、19G形式1,000個、V19C形式500個、20E形式50個)新製する。

詳しくはこちらを参照(pdf形式)


JR貨物 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加