ニュース

なつかしの「グレードアップあずさ色」復活

2014.12.02
 JR東日本八王子支社では、豊田車両センターで所有する3編成の189系車輌のうち1編成を、定期検査を機に、JR発足当初に運転していた特急〈あずさ〉の一部の編成に施されていた「グレードアップあずさ色」に変更して運転する。
 これにより、八王子支社で所有する3編成の189系車輌に、JR発足当初に活躍した特急〈あずさ〉の懐かしい3種類のデザインが勢ぞろいする。
       ▼「グレードアップあずさ色」(イメージ)※運転していた当時の写真
         P:JR東日本八王子支社プレスリリースより 
20141202161314-ff659adfe89004e7aafef187fbaca9954a1fb31b.jpg
◆「グレードアップあずさ色」について
 JR発足当初、中央本線を走っていた特急〈あずさ〉の一部の編成(183系車輌)に対し1987年から1990年にかけて、車内設備のグレードアップおよび車体の塗色変更が行われた。その際に施された車体の色は「グレードアップあずさ色」と呼ばれていた。
◆運転開始日
 2014年12月6日(土)に団体専用列車として営業運転を開始する。その後は臨時・増発列車および団体専用列車としての運転をする予定。
◆編成
 6輌編成(普通車6輌)
 ※グリーン車はなし。

●詳しくはこちらを参照(pdf形式)


JR東日本八王子支社 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加