ニュース

JR西日本 持続的なSL動態保存の体制を整備

2014.10.17

 JR西日本では持続的なSL動態保存の体制の整備について、SLの解体検査に特化した専用検修庫の新設とD51 200の本線運転復活を発表した。

 JR西日本は、SL動態保存の魁(さきがけ)として昭和54年に運行が開始された〈SLやまぐち号〉や、〈SL北びわこ号〉の運行と、国鉄が全国から選りすぐりのSLを集めた梅小路蒸気機関車館の運営といったSL動態保存に取り組み、多くのお客様や地域の皆様にご好評をいただいている。

 SL動態保存については、車輌の老朽化などの多くの課題を抱える現状にあるが、こうした歴史的経緯やご好評を博している状況を鑑み、産業革命の原動力となり近代日本の産業遺産の一つであるSLを後世に継承することを社会的使命であると考えている。

 このたび、今後少なくとも数十年程度は安定的にSL動態保存が継続できる体制を整備することを決定。また、これらの設備投資とあわせて、SL独特の技術を備える社員の中長期的な人材確保と実務能力の維持向上も推進する。

 詳細は以下の通り。



1.SL専用検修庫の新設

 SLの解体検査に特化した専用検修庫を京都鉄道博物館に隣接する梅小路運転区内に新設し、日本のSL動態保存の拠点とする。ボイラー検修場の設置や天井クレーンなどの大型装置を一新することにより、車輌整備の作業性が向上するのみならず、ペデストリアンデッキによって京都鉄道博物館との一体化を図ることにより、博物館にご来館される方々からもSL検修の作業風景を見学いただくことも可能になる。



○建設場所

梅小路運転区内(京都鉄道博物館に隣接)



○設備特徴

ボイラー検修場の新設

天井クレーンなど大型設備の新設

ペデストリアンデッキによる京都鉄道博物館との一体運用 など



○使用開始
平成27年度 秋以降



※SL専用検修庫の設備概要はこちら。(PDF形式)





2.D51(デゴイチ)の本線運転の復活

 現在、主に梅小路蒸気機関車館において”SLスチーム号”で使用しているD51(デゴイチ)の大規模修繕と本線運転用の改造を実施し、本線運転を復活させる。



○車号

D51 200



○主な用途

C56に置き換えて、〈SLやまぐち号〉・〈SL北びわこ号〉の牽引機関車として使用



○使用開始

平成29年度以降



※D51 200の車輌概要はこちら(PDF形式)




詳しくはこちらを参照





JR西日本 ウェブサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加