ニュース

常磐線沿線から「寝台列車で行く!函館の旅」発売

2014.07.24

 JR東日本水戸支社では、昨年に引き続き今年も寝台客車車輌を利用した団体専用列車を函館まで運行する。



○主な特色

・団体専用寝台列車24系客車を利用。

・往路は、常磐線沿線から寝台列車にて乗り換えなしで、函館駅まで列車の旅を満喫していただく。

・1日に数回しか定期列車が停車しない海峡線津軽今別駅に停車し、ホームで記念撮影ができる。

※津軽今別駅は、2015年度末に開業される北海道新幹線奥津軽いまべつ駅と共用される予定。

・朝早く函館に到着することで、丸々1日函館周辺を観光可能。

・帰りは新青森からE5系で運転の〈はやぶさ24号〉に乗車。



○旅行期間

 2014年9月20日(土)~22日(月)2泊3日(車中1泊)添乗員同行ツアー



○行程

 1日目(9月20日)

 いわき(15:00頃発)→日立→勝田→水戸→(車中泊)→※常磐線から水戸線、東北本線、IGRいわて銀河鉄道、青い森鉄道、津軽線、海峡線、江差線経由



 2日目(9月21日)

 →津軽今別(停車)→函館(9:10頃着)→函館ワイン工場→大沼森林公園→大沼展望閣(昼食)→山川牧場→五稜郭タワー→函館湯の川温泉・湯本啄木亭またはロワジールホテル函館(泊)



 3日目(9月22日)

 ホテル→函館(9:51頃発)→青森(13:45頃着)→新青森(14:38発)→〈はやぶさ24号〉→上野(17:58着)→常磐線〈スーパーひたち〉〈フレッシュひたち〉にて帰着



○発売開始日

 2014年7月25日(金曜)14:00~



○発売箇所

 びゅうプラザ土浦駅、びゅうプラザ水戸駅、びゅうプラザ日立駅、びゅうプラザいわき駅、びゅうプラザ下館駅、びゅう予約センター水戸



○募集人員 120名



○旅行代金(水戸駅発着)

 おとな1人 湯の川温泉 湯本啄木亭宿泊 49,800円 ※1部屋定員4~5名利用の場合

 おとな1人 函館市内 ロワジールホテル函館宿泊 50,800円 ※1部屋定員(2名)利用の場合

 ※いわき駅、日立駅、勝田駅発着の設定もあり。



○問合せ

 びゅう予約センター水戸 TEL 0120-310-842

 携帯・PHS・IP・ひかり電話からは

 TEL 029-227-3761(営業時間 10:00~18:00・年末年始休業)

 また、びゅうプラザ、水戸支社ウェブサイトhttp://www.jrmito.com/reco_tour/にて予約を承る。



 ※1名から申込可能。

 ※茨城県外の方もお申し込み可能


詳しくはこちらを参照(pdf形式)


JR東日本水戸支社 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加