ニュース

西武鉄道新宿線(中井駅~野方駅間)連続立体交差事業の工事に着手

2014.01.31

 西武鉄道株式会社では、東京都、中野区と共同で進めている、新宿線(中井駅~野方駅間)連続立体交差事業の工事に着手した。事業区間約2.4kmについて鉄道を地下化するもので、2020年度の完成を目指して工事を進める。

 この事業は、東京都が事業主体となり、道路整備の一環として施行する都市計画事業で、西武鉄道は鉄道立体化の工事などを進めていく。これにより、中野通りをはじめとする7か所の踏切がなくなり、交通渋滞や踏切事故が解消するとともに、これまで分断されていた沿線地域の一体化が図られる。


詳しくはこちらを参照


西武鉄道 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加