ニュース

特急〈スワローあかぎ〉号が新登場 「スワローサービス」を開始

2013.12.20

 JR東日本では、2014年3月15日(土)より、高崎線の特急〈あかぎ〉号に従来より座席がゆったりとした車輌(651系)を導入し(※)、3月17日(月)より平日の通勤時間帯の朝の上り列車と、夕方からの下り列車を特急〈スワローあかぎ〉号として運転する。

 また、特急〈スワローあかぎ〉号では、座ってゆったり通勤することができる新たな通勤スタイル、「スワローサービス」を導入する。

※新宿駅発着の特急に限り、引き続き従来の185系車輌で運転する。



(1)「スワローサービス」概要

 〈スワローあかぎ〉号は、自由席の設定を取りやめ、すべての座席が指定席となり、新たな通勤スタイル「スワローサービス」を開始する。

 「スワローサービス」はこれまでの指定席・自由席とは異なるサービスで、新たに発売するおトクなきっぷ「スワローあかぎ料金券」を利用することにより、指定席特急券よりもおトクに座席指定が受けられ、座席の指定を受けずに乗車した場合でも、車内の空席を利用することができる。



★「スワロー」の由来

 「お客さまに通勤で特急を快適に利用していただきたい」との思いを込めた「スワローサービス」。スワローの名称は、「座ろう」という意味のほか、ツバメの持つ「スマート感」や「スピード感」、また「縁起の良さ」などをイメージして名付けた。



○〈スワローあかぎ〉号運転開始および「スワローサービス」開始時期

 2014年3月17日(月)(指定席券の発売は2014年2月17日(月)10:00から)



○「スワローサービス」対象列車・対象車輌

 〈スワローあかぎ〉号の普通車全車輌

 ※グリーン車は「スワローサービス」の対象外。

 ※土休日および平日通勤時間帯の朝の上り列車と、夕方からの下り列車以外の特急は、従来どおり〈あかぎ〉号として運転する。



○「スワローサービス」のサービス内容

 普通車がすべて座席指定対象となる。乗車には以下の特急券等が必要。

 ●指定席特急券

 ●特別企画乗車券「スワローあかぎ料金券」

 ●「えきねっとチケットレスサービス」

 ※自由席特急券では利用不可。



○「スワローあかぎ料金券」なら座席指定を受けずに乗車することも可能。その場合、車内の空いている席に座ることができる。



○利用するには、乗車券が別に必要となる。普通乗車券(Suica 含む)、回数券のほか、定期乗車券との併用が可能。



その他、詳しくはこちらを参照(pdf形式)


JR東日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加