ニュース

小田急ロマンスカー20000形車輌の富士急行への譲渡について

2013.10.18

 小田急電鉄株式会社と富士急行株式会社では、小田急電鉄の特急ロマンスカー20000形1編成を富士急行へ譲渡することで合意した。

 1991年にデビューした小田急ロマンスカー20000形(愛称:RSE)は、2編成製造され、JR東海御殿場線へ乗り入れる〈あさぎり号〉としての運用を中心に活躍し、昨年3月をもって営業運転を終了した。今回、2編成のうち、1編成を富士急行へ譲渡する。

 富士急行では、今後、現在運転している〈フジサン特急〉用の後継車輌として、7輌編成から3輌編成に改造し、2014年夏を目指し、富士急行線大月~河口湖間を結ぶ車輌として運行する計画となっている。





【譲渡車輌の概要】



○車輌形式:小田急電鉄特急ロマンスカー20000形(RSE)



○編成数:1編成(7輌)



○譲渡期日:2013年11月11日


小田急電鉄 ウェブサイト


富士急行 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加