ニュース

Nikon大口径標準レンズ「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」発売

2013.10.18

 株式会社ニコンイメージングジャパンは、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ対応の大口径標準レンズ「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」を発売する。



 「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」は、ニコンが培ってきた高い光学技術を活かして、開放絞りからの圧倒的な点像再現性と美しいボケ味を実現したレンズで、夜景撮影時などに、点像の周辺に鳥が羽を広げたような像が写る現象「サジタルコマフレア」の発生を極限まで抑えることで、開放絞りでも画面周辺部まで「点光源」を、ゆがみやにじみのない「点」として描写できる点像再現性を発揮する。

 さらに、「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」は、ピント面から遠ざかるにつれてなだらかに変化する美しいボケ味により、画面に自然な奥行き感をもたせることで被写体を印象的に撮影可能。近距離の人物や静物などを立体的に引き立たせて柔らかく描写する。

 また、大口径レンズでありながら、f/1.4の開放絞りでも豊富な周辺光量を確保し、遠景の被写体をシャープに描写できるほか、フレアやゴーストの低減に効果的なナノクリスタルコートも採用している。

 夜景撮影をはじめ、ボケを活かした印象的なポートレート撮影など、意図した画作りを求めるプロフェッショナルやハイアマチュアの要望に応える1本となっている。



■希望小売価格:199,500円(税抜190,000円)



■発売時期:2013年10月31日予定



●主な特長



・高い光学技術を活かしたf/1.4、焦点距離58mmの大口径標準レンズ

・サジタルコマフレアの発生を極限まで抑えることで、画面周辺部まで「点光源を点に写す」、圧倒的な点像再現性を実現

・開放絞りでも、解像感が高くシャープな描写力を発揮

・ピント面から遠ざかるにつれてなだらかに変化する美しいボケ味の描写が可能

・f/1.4の開放絞りでも、豊富な周辺光量を確保し画像の周辺部まで自然な明るさを維持

・フレアやゴーストの低減に効果的なナノクリスタルコートを採用


ニコンイメージングジャパン ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加