ニュース

南武線にE233系を導入

2013.07.02

 東日本旅客鉄道株式会社は、通勤形車輌の新造計画について、南武線用にE233系通勤形車輌の新造、新潟地区にE129系一般形車輌、仙台地区において仙石線・東北本線接続線用にHB-E210系ディーゼルハイブリッド車輌を新造することを発表した。



【南武線用通勤形車輌】



(1)編成数

 E233系通勤形車輌 6輌編成 35編成(210輌)



(2)運転開始時期

 2014年度から順次運転を開始



(3)運用区間

 南武線(川崎―立川)



(4)車輌の特長

・定員が従来の205系車輌と比較して約1割増加し、混雑を緩和。

・車内照明をオールLED化し、従来の蛍光灯の約6割の消費電力量。

・205系車輌と比較して約7割の消費電力量で走行可能。



▲南武線用E233系車輌(イメージ)

P:JR東日本ニュースリリースより



【新潟地区向け一般形車輌】



(1)編成数

 E129系一般形車輌 2輌編成 30編成(60輌)、4輌編成 25編成(100輌)



(2)運転開始時期

 2014年度から順次運転を開始



(3)運用区間

 上越線(水上―宮内)

 信越本線(直江津―新潟)

 羽越本線(新津―村上)

 白新線(新潟―新発田)

 越後線(柏崎―新潟)

 弥彦線(東三条―弥彦)



(4)車輌の特長

・従来の115系車輌と比較して定員が約1.5割増加。

・車内照明をオールLED化し、従来の蛍光灯の約6割の消費電力量。

・115系車輌と比較して約5割の消費電力量で走行可能。



▲新潟地区向けE129系車輌(イメージ)

P:JR東日本ニュースリリースより



【仙石線・東北本線接続線用ディーゼルハイブリッド車輌】



(1)編成数

 HB-E210系ディーゼルハイブリッド車輌 2輌編成 8編成(16輌)



(2)運転開始時期

 2015年の仙石線・東北本線接続線の開業より運転を開始



(3)運用区間

 仙石線(高城町―石巻)

 東北本線(仙台―塩釜)

 仙石線・東北本線接続線(塩釜―高城町)



(4)車輌の特長

・2輌1編成の構成とし、片側3扉で通勤・通学客の乗降をスムーズに行うことができる。

・車内照明をオールLED化し、従来の蛍光灯の約6割の消費電力量。

・燃料消費量を低減する他、排気ガス中の有害物質である窒素酸化物(NOx)と粒子状物質(PM)の排出量を約6割低減。



▲小海線 キハE200形車輌

P:JR東日本ニュースリリースより


詳しくはこちらを参照(pdf形式)


JR東日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加